家電 バイト 体験

家電のバイト体験談

就活中にしている家電でのバイト経験

 

10代男性

 

学生をしながら、家電量販店でバイトしてます。
時給が良いし、電化製品好きなのでこのバイトを選択しました。

 

仕事の内容は接客です。
多くの方が、家電量販店に行かれたことがあると思いますので
イメージはしやすいかと思います。

 

商品がたくさん売れるように、
お客様の悩んでいる質問に回答したり、アドバイスをさせて頂いております。

 

しゃべるのが苦手なでしたが、自分の得意なジャンルの商品を
お客様に説明しているうちに、少しずつではありますが、慣れてきました。

 

他にも得たもの大きなことがあります。

それは、就活で重要な「笑顔と自信」です。

 

接客において、「笑顔」が大切なのは当たり前なのですが
自信を持つことがどれだけ重要かを学びました。

 

自信がなさそうに商品を売るのと
自信満々に売るのとでは、当然後者の方が売れるんです。

 

これは、正社員として自分が仕事についた時も
凄く大切なことだと思います!

 

就職活動を始めるまでは
家電量販店のアルバイトスタッフとして家電だけではなく
仕事のことを勉強しながら、頑張っていきたいと思います。

 

 

志望動機は「人の役に立つ仕事が家電だと思ったから」

 

20代男性

 

僕が家電のバイトをしたいと思ったのは
人の役に立つことがしたいと思ったからなんです。

 

家電は人の暮らしを支えて、助けてくれるイメージがありました。

 

それを考えると僕も随分家電のお世話になってきたなと思いまして
自分がそれを販売してみたいと、専門学校時代に思ったので面接を受けることにしました。

 

面接官の人に、志望動機を聞かれて
そのことを答えると、とても感動していただいて
「即採用」と言っていただけたので物凄く嬉しかったです!

 

自分の考えを肯定してもらえるということは
嬉しく、幸せを感じますね。

 

今まで生きてきた中で、自分の考え方を否定されることが多かったので
本当に嬉しかったことを覚えています!