スポーツショップ アルバイト 体験談

スポーツショップのアルバイト体験談

スポーツ大好き!スノボ大好き!欲しくなる(汗)

 

20代男性

 

スポーツショップでアルバイトしています。
冬が近づいてくると、店内のメインはウィンタースポーツ用品になります。

 

その中でも、俺のハートをくすぐるのがスノボの板です!

 

デザインがカッコいいものがどんどん入ってくるんです。

 

性能もグラトリしやすいやつや、スピード重視のやつとか種類が豊富にあって、
俺のお財布事情では、何個も手に入れることができるはずがないのに^^;

 

この板を手に入れた時の、最高の滑りをイメージする日々です。
これって結構辛いようで、楽しいです!

 

すでに板は持っているので、自分で購入するのはやめましたが
お客さんにはそれぞれに合った最高の板を提供してあげるぞ!!

 

そう思って丁寧な接客をしていたんです。
そして、俺の熱意が伝わったのか、相当数の板を売ることができました。

 

それを見ていた店長。まさかまさか・・・スノボの板を俺にプレゼント!
・・・はしてはくれませんでしたw

 

世の中そんなに甘くはないです。
でも、頑張りを評価してくれて、時給を100円アップしてくれました!

 

100円は大きいですよ〜〜!
っていうか、何よりも俺の接客が評価されたことがめちゃんこ嬉しかったんです!

 

アルバイトはまだまだ続けるつもりなので
来年は、やっぱり新しい板を買っちゃいます!バイト代貯めるぞー!

 

スニーカー売り場で自信がつきました

 

20代女性

 

わたしが短大生の時にアルバイトをしていたのがスポーツ用品店でした。
元々スポーツが好きだったので、自分が好きなものを販売するような
そんなアルバイトがしたいなと思ったことがキッカケでした。

 

売り場はそんなに広くはありません。
でも、かなりの種類が置いてあるスポーツ用品店でした。

 

2ヶ月くらい働いて、ある程度仕事に慣れて来た時に
女子高生と思われるお客様が来店されました。

 

スニーカーを探しているような雰囲気だったのですが
私はすぐに声をかけるのではなくて、少し様子を見てから声をかけようと思うタイプなんです。

 

店員に相談しながら買いたい人もいれば
自分で決めるんだから、ゆっくり決めさせてと思うお客様もいるからなんです。

 

様子を見ていると、どうやら2つのスニーカーで、悩んでいる感じがしました。
そこで思い切って声をかけました。

 

「いらっしゃいませ。今、左にお持ちの商品が1番人気の商品です。
右にお持ちの方も結構売れてるんですよ〜」と言いました。

 

お客様は「あなたならどっちを買いますか?」と聞かれました。
想定していなかった質問に戸惑いましたが、「私なら右ですと」とこ答えました。

 

その女の子は右を差し出し、「これをください」って言ったんです。

 

最後の一歩が踏み出せないという感じだったんでしょうね。
『最後の一歩のお手伝いが出来て良かった』って思いました。

 

笑顔で帰っていくお客様の姿を見て、
私でも役に立てたんだって思って、少し自信がつきました。

 

自信を与えてもらって本当にありがとうございました。
今でも感謝しております。